博多第一幼稚園はやさしい子どもがいっぱいをテーマに糟屋郡志免町・粕屋町・須惠町・宇美町・福岡市博多区の子ども達の感受性と思いやりの心と輝く瞳を育てる幼稚園です

博多第一幼稚園

  • 職員採用について
  • 学校法人博多学園について
  • お問い合わせ

博多第一幼稚園に、姉弟で3人がお世話になっています。様々な幼稚園がある中で、博多第一幼稚園を選んだ理由は、自立した子どもを育てる教育「モンテッソーリ教育」にとても魅力を感じたからです。ひとつひとつの経験の積み重ねが子ども達の自信に繋がり、たくさんの達成感を味わうことができる保育内容で、3人とも大きく成長することができました。また、担任の先生だけでなく、どの先生方も子どもの顔と名前を覚えているので、全職員が子ども達を見守ってくれていると実感でき、いつも嬉しく思っています。イベントも豊富で貴重な体験がたくさんできる事も子ども達の大きな糧となっています。イベントを経験する度に、親子でたくさんの思い出もでき、博多第一幼稚園を選んでよかったと思っています。


博多第一幼稚園に長女が入園したとき、年中組からの入園ということもあり、周りのお友だちと同じように園生活を送れるか心配でした。ところが蓋を開けてみると、「縦割り保育」を通して年上の年長組さんと触れあうことで幼稚園を楽しむことができ、一度も「幼稚園に行きたくない」と言うことがありませんでした。この「縦割り保育」の魅力を知ったこともあり、弟もリトルプレイルームから入園しました。弟は、入園してすぐは幼稚園に行きたがらず、毎日泣きながら通園していましたが、お兄ちゃん・お姉ちゃん達が声を掛けてくれたことで、今は楽しそうに通園しています。姉と弟が入園して今年で3年目。先生方がマメに電話で幼稚園での様子を伝えてくれるため、いつも安心して子ども達を送り出せています。子ども達だけでなく保護者にも親身になって接してくれる先生方が親子で大好きです!!


入園前、人一倍甘えん坊で人見知りの娘は、「縦割り保育」で触れあうお兄さん・お姉さんに優しく導かれ、スムーズに園生活に馴染むことができました。この「縦割り保育」が博多第一幼稚園に入園させようと思った理由です。同年齢の子ども達だけでなく、異年齢のお兄さん・お姉さんと関わることにより、刺激を受け、様々なことを学び、心豊かに成長しています。また、私自身も「人形劇 ゆめぽっけ」という保護者の会で活動するなかで、いろいろな園の行事に携わることができ、たくさんの園児と触れ合い、親子共々充実した楽しい園生活を送っています。


長男がリトルプレイルームに通い出した頃から合わせて、8年目の博多第一幼稚園。下の子が入園した年々少の頃、クラス中でも特に小さかった我が子を、お友だちのみんなが可愛がってくれたこともあり、幼稚園は楽しい所だと入園当初から感じていたようです。自宅では、ペアの年長さんの話をよくしたり、お名前呼びごっこでクラスみんなのフルネームを覚えたことを思い出します。そして、年長組になった今、今度は我が子が年々少さんのペアさんに・・・。きっと自分が年長さんにしてもらったことを覚えていて、その真似っこをして年々少さんの面倒を見ている我が子を見るのは微笑ましい限りです。縦割りクラスの異年齢交流を通して自分より小さなお友だちへの心配りを学び、横割りクラスでよりたくさんの友達と触れ合うことができ、みんなと仲良くできる子どもに育ってくれたことを大変嬉しく思っています。


きらきらランド、リトルプレイルームを経て、年少組より入園し、いよいよ幼稚園最後の年になりました。私が仕事をしているため、子どもとの時間をゆっくり持ってあげられない時もありましたが、親の知らない所で、たくさんの経験をし、たくさんの思い出をつくり、先生やお友だちに支えられながら、大きく逞しく成長してくれました。これまでを振り返ると、幼稚園での出来事をいつも楽しそうに話す娘の笑顔がありました。博多第一幼稚園で過ごす中で、多くのことを学び、吸収し、心も体も大きくなった娘を頼もしく思うと同時に、園長先生、先生方、保護者の皆様、お友だちには感謝の気持ちでいっぱいです。博多第一幼稚園に出会えたことは、娘のこれからの一生の宝物です。

  • フォトブログ
  • ニュース&トピックス
  • 幼稚園見学
  • キャラクターについて
  • 課外教室・特別教室
  • 施設・制服の紹介
  • 延長保育&預かり保育
  • リトルプレイルーム
  • 育児サークル
  • 保護者様の声
  • Q&A
  • 教職員からのメッセージ
  • グランドデザイン
  • 幼稚園資料ダウンロード