歯科技工士科

福岡県歯科技工士会 直塚会長が語る「未来の歯科技工士へ。」

入れ歯や歯の補綴物を作る歯科技工士は、単なる技術者ではなく、医療従事者としてなくてはならない職種です。

歯科技工士について

 自分の力で食べ物を噛むことは、栄養を摂取するだけではなく、脳の活性化や全身の健康につながります。特に高齢者の場合、入れ歯の善し悪しが健康を左右するといっても過言ではありません。歯科技工士は、単なる技術者ではなく、医療従事者としてなくてはならない職種と言えます。
 CAD/CAMや3Dスキャンなどデジタル化が進み、歯科技工の仕事内容や機械も年々変化しています。歯の造形など見た目の加工だけなら機械に軍配が上がるでしょうが、入れ歯等の浮き沈みや噛み心地など機能を考えて調整する面では人間の知恵と技術にはかないません。デジタル化がいかに進んでもあくまで道具。そこにはやはり専門知識と技術を持つ歯科技工士の存在が重要となります。

学生時代の過ごし方について

 学生時代は、講演会や研修等へ積極的に参加して、知識をどん欲に吸収してほしいと思います。歯科技工士の勉強をしているときは、つい技術面に熱心になりがちですが、歯科医療や介護分野を学んで始めて分かることもあります。最初から、役に立つ・立たないと決めつけず、まずは色々な場に行って、興味のあることは何でも見聞きすること。そうすると自ずと社会性も身についてくると思います。
 歯科技工士は、国家資格を取れば良いというわけではなく、歯科技工士になってからが本当の意味でのスタートです。「一生勉強」という心づもりで、日々、自分自身を伸ばしてください。

資格を取得してからについて

私が所属する日本歯科技工士会や福岡県歯科技工士会でも多くの講演会やスキルアップの場を設けています。当組織は、歯科技工士の技術を高めると同時に、この仕事に従事する人が安心して働ける環境を整えるなど、様々な取り組みを通して国民の医療や健康に大きく貢献することを目的に活動しています。これからの時代を担う若い歯科技工士にとっても、歯科技工士会での幅広い活動や取り組みは、自身の経験値を高め、成長できるチャンスです。
未来の歯科技工士にもぜひ積極的に参加して、ともに業界を盛り上げてほしいと期待しています。

公益社団法人 日本歯科技工士会 副会長/一般社団法人 福岡県歯科技工士会/福岡県歯科技工士連盟 会長/ 直塚  正 昭