職業実践専門課程について

博多メディカル専門学校の「臨床工学技士科」「歯科技工士科」「歯科衛生士科」が文部科学大臣により『職業実践専門課程』として認定されました。

専修学校の専門課程のうち、専攻分野の実務に関する知識や技術、技能について企業や業界と連携し組織的な教育を行っている課程のみに与えられる文部科学大臣の認定制度です。

本校は多くの医療施設や企業と連携し、業界のニーズに沿った実践教育を行っており、
3学科ともに職業実践専門課程として認定されています。

博多メディカル専門学校の歯科技工士科は九州で唯一
文部科学大臣による職業実践専門課程に認定されています。
九州の専門学校8校中、本校のみ(※平成27年度 現在)

▼博多メディカル専門学校の取り組みはこちらをご覧ください。

文部科学大臣認定 職業実践専門課程

認定されている学科の特徴

その1:企業等が参画する「教育課程編成委員会」を設置してカリキュラムを編成している その2:企業等と連携して、演習・実習等の授業を実施している その3:企業等と連携して、最新の実務や指導力を習得するための教員研修を実施している その4:企業等が参画して学校評価を実施している その5:学校のカリキュラムや教職員等についてホームページで情報公開している

メリット

1:最新の医療動向を反映したカリキュラムで学べる 2:業界の最新技術や、医療現場の実務を早い段階から学べる 3:最新の知識や技術を持つ教員の授業を受けることができる 4:企業等の意見を取り入れ問題点を積極的に解決しているので、質の高い教育を受けることができる 5:情報公開を基に博多メディカル専門学校のことを深く知ることができる

「職業実践専門課程」〜博多メディカル専門学校の取り組み〜

1.教育課程編成委員会によるカリキュラムの改善

企業・業界団体等との連携により、必要となる最新の知識・技術を反映するため、教育課程編成委員会で企業・業界団体等からの意見を十分に把握し、カリキュラムの編成に反映させています。

2.多くの医療施設や企業と連携した実習

大学病院、総合病院、透析専門病院、医療機械メーカー、歯科医院、歯科関連メーカー等と連携し、病院学習や企業講師による学内実習を実施し、より高度で実践的な職業教育を行っています。

3.業界団体等との連携による教員の研修機会の確保

業界団体主催の教員研修プログラムへの参加の他、学内で行われる企業や業界団体の専門研修で技術を磨き、教育者としての資質向上を図る各種研修(コミュニケーション、コーチング、教育心理等)へ積極的に参加し、授業の質の向上に努めています。

4.学校評価および学校運営・教育の情報公開

学校の自己評価について学校関係者(業界団体、企業、実習施設、卒業生等)評価委員会から評価を受け、学校運営の改善に努めると共に、学校評価をホームページ上で公開しています。また、学校概要や各科の基本情報等も公開しています。