博多幼稚園はドキドキワクワク博多っ子をテーマに福岡市東区舞松原・八田・若宮・松崎・多々良・青葉・千早・香椎・香椎浜・香椎照葉・名島・松島・箱崎・筥松・糟屋郡粕屋町などの子ども達の知・情・体を育成する幼稚園です

博多幼稚園

  • 職員採用について
  • 学校法人博多学園について
  • お問い合わせ
質問
幼稚園は、満3歳になった時点で、4月を待たずに入園することが出来ます。詳しくは、当園にお電話下さい。専任スタッフが懇切丁寧にご説明いたします。
質問
幼稚園では、出来るだけ決まった時間にトイレに行くように習慣づけています。朝・昼・帰る前に、トイレに行くことで、我慢せずに行くことが出来ます。もちろん行きたい時にも行けるように配慮しています。また、お漏らしをしたり、失敗した時は、「今度は、気をつけようね」と励まし、意欲に繋げます。先生に言えなかった時も、安心して言えるような環境づくりを行います。
質問
入園前にオムツが外れることが望ましいですが、外れていなくても大丈夫です。幼稚園では、トイレの時間を習慣づけています。友達と一緒にトイレに行ったり、トイレのタイミングを掴み、上手に排泄が出来るようになります。上手に排泄が出来た時、しっかり褒め、自信をもたせます。そうすることで自然とオムツが外れていきます。
質問
幼稚園には、担任教師の他に、補助の先生がいます。特に年少組は二人体制ですので、必ずトイレの引率も行います。自分で拭けない時は、一緒に行い、出来るように援助していきます。そうして上手に出来るようになった時は、十分に褒め、自信、自立に繋げていきます。
質問
幼稚園は、たくさんの友達が居て、様々な出来事があります。自分の思いを相手に伝えたり、相手の気持ちをわかってあげたり…友達との関わりを通して様々な事を学んでいきます。その周りには、教師も居ます。子ども達同士の関わりを見守ったり、一緒に考えたりしています。様々な体験をして、子ども達は成長していきますので、安心して下さい。長い目で成長を見守って下さい。
質問
子ども達の成長段階として、自分の思いを言葉に出来ず…つい手が出てしまう事があります。友達との関わりの中で、言葉で伝える大切さを知らせ、相手の気持ちを考えさせる場をつくります。また、友達とけんかをした時、解決方法を見つけると共に、善悪の判断もつけていきます。様々な体験を繰り返していく中で、理解していきます。
質問
友達と食事をすることで、様々な変化が見られます。全部食べないといけないということはありません。嫌いな物も一口は食べようとする意欲がでたり、食べず嫌いな物が食べられるようになったり…無理はさせず、少しでも頑張って食べる事が出来た時は、十分褒め、自信や意欲に繋げていきます。
質問
はい、矯正用のお箸を持たせて頂いて構いません。また、年少児は、フォーク・スプーン入りの三点セットでも大丈夫です。お子さんの状況に合わせて対応致しますので、ご安心下さい。お箸の使い方の指導として、強制はしませんが、持ち方の指導を行います。まずは、楽しく食事をすることを大切にしています。お友達と一緒に食事をする中で、周りの友達からの影響も多く、持ち方などに変化が見られます。
質問
毎日、水筒を持参して登園します。特に夏場は、水分補給を十分に行うよう配慮しています。水筒のお茶が無くなった時は、幼稚園で準備しているお茶を補充したり、ウォータークーラーを備えておりますので大丈夫です。
質問
左利きに関しては、まず保護者様のお考えを重視しております。左のままで…、右に変えたい…などのお考えを大切にして対応いたします。また、幼稚園のハサミは、両利き用のものですし、左利きのハサミも市販されていますので、お持ち頂いても構いません。鉛筆・クレパスも左で使っている子も多くいます。ピアニカに関してのみ、右手を使っての指導をしています。日本人は右利きが多く、様々な点で右利き仕様が多い為、左利きで不便なこともありますが、矯正を重視しすぎて、活動が楽しくない!とならないように気をつけています。
  • フォトブログ
  • ニュース&トピックス
  • 幼稚園見学
  • キャラクターについて
  • 課外教室・特別教室
  • 施設・制服の紹介
  • 延長保育&預かり保育
  • リトルプレイルーム
  • 育児サークル
  • 保護者様の声
  • Q&A
  • 教職員からのメッセージ
  • グランドデザイン
  • 幼稚園資料ダウンロード